旧山崎家別邸和室から

川越の有名な『蔵造りの町並み』から1つ外れた場所にある【旧山崎家別邸】は大正時代に造られた和洋折衷の建物です。

三菱合資会社(現・三菱地所)に勤めていた建築家『保岡勝也』さんが手掛けた邸宅で、建築だけでなく庭園とその茶室までも設計したそうで、その庭園は現在国登録記念物に指定されています。造園の学校で先生をしていて造園の著作もあるようで、建物に庭にとここ旧山崎家別邸は保岡さんの全ての技術が詰まった場所ですね。

それでは、山崎家をご案内します~。

旧山崎家別邸

川越の老舗菓子店「亀屋」の五代目嘉七の隠居所として建てられたこの別邸は、外観が現代建てられたものと言われても納得できる雰囲気があります。和館洋館は混ざり合うというよりはわりとしっかりそれぞれの個性を出している見た目なんですけど、洋館の屋根にも同じく瓦が使われているせいかあまり違和感を感じませんでした。

大正12年に作成したと思われる計画図には平面図だけでなく外観も色付きで描かれていたのですが、現在とわりと変わらないものでした。大正時代からこの外観だったことを考えると、とても立派ですごいですね。

 

玄関は洋館側に1つと、和館側に内玄関が1つ。見学は内玄関からします。

和館

3分の1くらいは和館です。お客様用のお部屋は3つあるのですが、そのうち2間が和室。2間は隣り合っていて、どちらも広い縁側から庭をみることができます。

とくに9畳の一番広い客間は数寄屋造りの和室で一番凝った造りだそう。旧山崎家別邸は川越付近に訪問した皇族方の迎賓館とすることを考えて作っているそうなので、洋館の客室だけでなくこのお部屋にも通したのかなあと思ったり。洋室下の画像真ん中のお部屋が9畳の客間です。

左から1枚目の画像の奥に少し見えるステンドグラスは、洋館の階段下のもの。洋館の話ですがこの流れでちょっとしちゃいます。階段1階と2階の間にある大きなステンドグラスは「小川三知」の『泰山木とブルージェ』という作品だそうです。白くキレイに咲く泰山木とカラフルな鳥が描かれていてとても素敵なものでした。が、光の反射がすご過ぎて撮影したものはステンドグラスの部分が全くみえなくなっていたのでお見せできず…無念。

洋館

洋館の玄関から入って正面に鏡とオシャレな壁掛けフック。玄関から右手側に客室がありベランダ、テラス、食堂があります。下の画像右から2つ目が客室ですが、この高級感あふれるインテリアについても建築家保岡さんが選定にも携わっていたと考えられているそうです。気品の感じられるお部屋で、思わずタキシードとか正装した人の姿を思い浮かべてしまいました。このお部屋で正装してくれただけでかっこよく見える不思議。想像しただけで急にテンション上がったよ。

水回り

脱衣室も浴室も洋が取り入れられていますが、格子窓があることでとてもレトロモダンな印象。

旧山崎家水道

脱衣室があることも驚きだったんですけど、浴室も全面タイルな感じなのにも驚きました。浴室の左上に見えるロウソク型の照明が雰囲気あって好きだな~。

旧山崎家お風呂

お手洗いは、しっかり覚えてないんですが…図面みると男性用1つ、和式2つに、様式1つ。ただ、大正12年に作成された計画図の平面図は数も違うし1つはまさかの外用になっていて出入口が外にあってビックリ。なんでその設計で考えていたのか気になる。

庭園

基本的に自然より建物が好きなので…どうしても庭園をしっかりみることがなく…今回もそうなんですけども。

家族本位の実用性・鑑賞を考慮した設計で当時としては新しい考えのもと造られたそうです。子供が遊べる広く芝が敷き詰めた庭に、温室、花壇などはこの時代の典型的なものだそうですが、それは裕福な家庭のお話…ですよね??

いくら外観が現代と似ているとはいえやっぱり全体的に裕福な家庭じゃないとできないな~と改めて思いました。

まとめ

階段にある大きなステンドグラスは陽の光が差し込んでとても素敵なので実際に見て欲しいポイントです。

川越に観光に来た際はぜひ、旧山崎家も見学して大正時代に想いを馳せてください~。見学料金もやっすいです。

旧山崎家別邸MAP

旧山崎家別邸

  • 入場料 :一般¥100 大学・高校生¥50 中学生以下無料
  • 開館時間:4~9月 9時30分~18時30分 /10~3月 9時30分~17時30分
  • 休館日 :第1・3水曜日(祝日の場合直近の平日)/年末年始

おすすめの記事