スターバックス神戸北野異人館店

JR神戸三宮駅から徒歩10分強、北野坂を上っていると左側に白と緑のコントラストが爽やかな木造2階建ての西洋館が見えてきます。

北野異人館の建物を巡る前に出会えるこのスターバックスは外国人の観光と思われる方も多くいらっしゃり、異国情緒溢れていました。この洋館に外人の方はやっぱりマッチしていて、日本に居ることを忘れてしまう雰囲気があります。

店員さんも流暢な英語でとてもカッコよかったです。

神戸 スタバ

この白と緑の外観は、スタバに変わる2009年より前からのようです。スタバのロゴも同じくこの2色なのでまるでスタバのための建物だったのではと思ってしまいました。有形文化財の建物を使ったスタバの展開は鹿児島、青森、そして神戸の3店舗であり、この神戸北野異人館店は記念すべき1店舗目だったわけですが、なるべくしてなった建物のような気がしました。

登録有形文化財 スタバ

入り口から見える店内は、まだお店の感じがありません。右側奥に扉が見えますが、そちらがスタバになります。

店内は建物に合わせ落ち着いたモダンな印象。シャンデリアや暖炉、カーペットにカーテンなど調度品などの調度品はとても上品で高級感あるのですが、どことなく現代っぽいな~と思いました。それはたぶん、私がガッツリ明治の建物の内装を想像していたからだと思いますけどね。

ただ、窓際サンルームのようなスペースは優雅な気持ちになれる素敵な場所です。窓際って何故だか特別空間ですよね~皆さんも同じ気持ちのようで満席でした。

人が多く店内の撮影はあまりして来なかったのでお見せできないのが残念。まあ、なんにせよ、スタバですもの。店内は間違いなくオシャレですよ~。

神戸 スタバ 階段

2階もまた素敵。北野異人館巡りをするのにまずスタバに寄って甘いものを摂取しながら店内を見て回ると軽いジョブな感じでとても気持ちが盛り上がりました。(わたしだけかな!?)

この建物はもともと明治40年にM.J.シェー邸として建てられました。そのため旧M.J.シェー邸と呼ばれていますが、もう一つ。昭和52年から放送されていた「風見鶏」というNHKの連続ドラマに登場したドイツパン職人”ハインリヒ・フロインドリーブ”が所有者となったそうで、旧フロインドリーブ邸とも言われています。北野町1丁目にあったものを現在の場所へ移してきたそうですが、現在の場所の傾斜は結構あります。移築される前から傾斜の場所だったのかなあ。移築自体もすごいことですが、傾斜のある場所でも移すことってできるんだなあと感心しました。

スターバックスコーヒー神戸北野異人館店MAP

スターバックスコーヒー神戸北野異人館店

  • 営業時間:8時~22時
  • 定休日 :不定休

おすすめの記事