アメ横ダンケ

上野アメ横にある「アメ横ダンケ」は豆を焙煎した直後バターをしみ込ませる珍しい製法の”バターコーヒー”のお店です。

神戸で有名な「御影ダンケ」で学んでいたそうで、その「ダンケ」の味を関東でも楽しむことができるのがこちらです。

小さなお店にぎゅっと詰まった濃いお店

まるでオトナの隠れ家秘密基地

アメ横の中でも入り組んだ場所に位置し、初めてだと高確率で迷います。ナビを使ってもしばらく迷いました。

二木の菓子が道を挟んで2店舗ある通りから一本横に入り、すぐの細道を進むと朱い突出した建物の一部が見えてきます。しっかり奥まで確認してないですが袋小路のようになっています。

私が初めて訪れた時は、あまりの入り口の小ささに一瞬戸惑いました。看板には「ダンケ珈琲店」の文字があり間違いないとは思いつつ中々入れずにいました。見るからに小さなお店であり、入るときに注目度が高くなりそうで嫌だなあと。

意を決して入りましたが、想像していたよりも狭い店内でした。カウンター席のみで、人が座るとギリ後ろを通れるレベル。お手洗いもありますが、入るのにもちょっと大変。

左右のお客さんとの距離も近く、人見知りな私にはちょっとツライ距離感に最初はちょっとマイナスなスタートとも呼べる来店でした。

が、それを覆すほどの珈琲とケーキを扱っているのがここ「アメ横ダンケ」です。

アメ横ダンケ「ケーゼクーヘン」

カップは壁棚にずらりと並んだ中から好きなものを選べます。どれも素敵に見えてかなり迷いました。ウェッジウッドのジャスパーを選びました。シンプルで好き。
コーヒーカップが良いものだとそれだけで一層美味しく感じますよね~。
「バターブレンドカフェ」というのがここのデフォルトコーヒーなので、そちらをチョイス。合わせて「ケーゼクーヘン」をいただきました。ケーキメニューとセットにすると合計金額から50円引きにしてくれます。

「ケーゼクーヘン」とはドイツのチーズケーキ。天然酵母と数種のチーズを焼き上げたというこちらはチーズケーキというよりパンのようでした。

バターブレンドは芳醇で濃厚でした。このままでももちろん美味しいんですけど、ケーキと一緒に食べたら更に美味しい!え!なにこれウマ~!!ってなりました。バターブレンドは甘いものと相性がいいんですね~!

鎌倉で有名な高級チーズケーキがワンコイン

ここでオススメしたいのはバターブレンドコーヒーだけじゃないんです!

なんと鎌倉で有名なホルトハウス房子さんの元でも学び、チーズケーキのレシピの使用許可をいただいているそうです。一体ここのマスターは何者なのか。すごすぎる。

こちらは本家より小さめにはなりますが、その分お手軽な金額で楽しめます。これが超・絶美味しい!思わず人に教えたくなるおいしさでした。予約すればホールで購入もできるそうなので、タイミングが合ったら買って帰りたいなと思ってます。

アメ横ダンケ「グリュックチーズ」

まとめ

お店が小さいこともあり、すぐ席は埋まってしまい中々落ち着いて珈琲を楽しむというお店ではないのですが、それでもまた行きたいと思ってしまう中毒性があります。

上品な各ブランドのコーヒーカップで飲むことが出来るのも魅力の一つですが、客層としては男性率が高いので女性1人だと居心地の悪さを感じることもあるかもしれません。

そんな時は、コーヒー豆やチーズケーキを電話で予約し、お店に品物を取りに行くだけにして自宅で楽しむのがオススメです。

本家である「御影ダンケ」のバターブレンドを飲んだことがない方やホルトハウス房子さんのお店「ハウス オブ フレーバーズ」のチーズケーキを食べたことがない方は、ぜひ一度訪れて欲しいお店です。

アメ横ダンケMAP

アメ横ダンケ

  • 営業時間:10時~22時
  • 定休日 :なし

※マスター1人で営業しているようで、都合により時間変更していたこともあったので行く前に電話で確認するのが確実です。

おすすめの記事